忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
ゼネピックオンラインを中心とした、みんなとのつながりを大切にするためのブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ここに来てくれている方は多分既にお分かりだと思いますが、私、向日 葵は殴りアコです。
今回は私がどのようにしてこの殴りアコに行き着いたかをつらつらと書き綴ってみようかと思います。
SSはありませんが、よかったら読んでみてください。

私は今、アコライトをやっています。
それも、普通のアコライトではなく、殴りアコです。
これから私が殴りアコになった理由をお話しますね……


私は師匠であり、友人である白龍 さんに誘われて、このゼネピックオンラインにやってきました。
戦士の街、ブリンヒルドに生まれ、転職までの殆どをこのブリンヒルドで過ごしました。
私がゼネピックを始めたとき、白龍 さんは既にアコライトになっていて、周りにもとても強くてやさしい方々がたくさん居て、その方々のおかげで、私は殆ど苦労することなくゼニアン時代を終えたような気がします。
ですが、当時私は基本的にネット喫茶からしかインできなかったため、他の方々と時間が合わないこともしばしば、白龍 さんとは事前に連絡をとって、同じ時間にインしてもらい、レベル上げを手伝ってもらったりしました。
アコである白龍 さんと居た時間が多かったこともあるかもしれませんが、私は殆ど初めからアコになることは決めていました。アコといえば、回復魔法や補助魔法。私はMMOをやるなら回復魔法が使いたい、そう思っていたからです。
白龍 さんを見ていると、殆どの敵を魔法で倒しているのですが、たまに生き残ったりする敵を杖で殴って倒します。普通といえば普通かもしれませんが、少しぐらいHPが残っていそうなときでも殴ったりするので、話を聞いてみたところ、もともとファイター志望でソロが基本だったため多少力にも振っており、その数点に自信を持っているのだそうです。
私も多くはありませんでしたが、ソロで狩る時間もありましたし、転職後に魔法で倒しきれなかった場合、叩いて倒せるように少しずつ力にも振るようにしていました。
とある日、レベル上げのためにブリン地下水路のB2で狩りをしていたところ、MPが尽きたので座って回復しようとしたときでした。
おそらく誰かが狩りまわっていたのでしょう、私の周りに敵が次々と沸き、気がつくとMPが無い状態で5~6体の敵に囲まれていました。回復アイテムを使ってがんばってはみたものの、やはり魔法系キャラの打撃力ではB2の敵を倒すのに時間がかかり、結果的にさらに沸いたモンスターが集まってきて、どうしようもない状態になってしまいました。
攻撃力が欲しい、MPが切れても戦えるようになりたい。私は浮いてしまった自分の姿を見ながら、そう思いました。ですが、そのころの私はまだ無課金で、普通のアコライとト同様、殆どを魔法のみで戦っていました。

そして転機は訪れます。今はもう殆どインしていませんが、ナナカというゼニアンの女の子がゼネピックにやってきました。実はこの子も私の知り合いで、私が無課金のままライマスでがんばっているところ、10代そこそこのレベルでブリンからエイルを通り、クルリパを越えてライマスまでやってきたのです。
よく来れたなと思い、聞いてみると、課金したという返答が。なるほど、よく見たら着物を着ている上に、走る速さが異常に速い。その速さで走り抜けたというわけですね。課金するとそんなにも違うのか、そう想い、試しに2000円ほど課金してみることに……
とりあえずどれを買うのか迷った私はそのほぼ全てをガチャポコに、当然ステータスアップや経験値増加のアイテムが当たっていきます。そして当たったのが着物『紅鶴』、装備効果は…攻撃力+20!
たしか攻撃力増加とかのステータスアイテムも当たってたような……ありました。
ガチャで当たった最初の防具がこれ、その上攻撃力増加アイテム。まさに何者かの意思の働きを感じました。これはもう『殴れ』というお告げだと直感しました。
残ったポイントですぐさま攻撃武器を購入。装備修正は+100とそんなに高くは無いですが、貴重な攻撃力修正、使わない手はありません。
買った装備を付けて攻撃力アップを使用。近くのモンスターを殴ってみると、それまでのダメージ量とは桁違い、3倍も4倍も高いその数字を見て、思わず感動してしまいました。
こうして殴りアコとしての道を歩き始めた私ですが、この後、こんな事件が起こります。

課金を始めて少しした頃、白龍 さんと二人でB2を走り回っていたところ、モンスターハウス(要するに溜まり場)を発見。二人して魔法を乱発、MPを使い切るものの、そこに溜まっていたモンスターを全て倒し、MP回復のために座った直後のことでした。
向こうのほうからゼニアンの男の子が走って来ます。何事かと見てみると、その後ろには10体ほどのアクティブモンスター。ゼニアンでB2のモンスターを10対も相手はまず無理、どうやらMPKではなく、本気で逃げているようです。
男の子が私たちの傍を通り過ぎると、当然そのモンスター達はMPが切れた私たちの方へ……まさに状況はあの無課金の頃、浮いてしまった時とまったく同じ、MPも無く、周りには複数のモンスター。ただひとつだけ違うことは私の戦闘手段が増えたこと。
一緒に居た白龍 さんも敵に攻撃はするものの、やはりたいしたダメージにはならず、アイテムで自分のHPを回復するので手一杯、何とか耐えてもらい、私がほぼ全ての敵を殴り、何とか切り抜けることに成功しました。最後の敵を倒したとき、私は生き残った安堵と、言い様の無い達成感を感じました。
その時に私は『いざというときに後衛を守れる後衛の中の前衛になろう』そう思い、クレリックを目指すことに決めたのです。

そしてその後、レベルが上がると共にさらに力を上げ、『ガチャで天使のリング(力+10)』を当てて今に至ります。
『殴れる』ただそれだけで、生還率がグッと増し、今では私の最大の特徴といっても過言ではないと思います。そして、これからもクレリックへの転職目指して殴り続けると思います。

私が私である為に―――











このお話は事実を元にして書かれておりますが、0.5割ほどフィクションです。かなり前の記憶を辿って書いた事なので、その辺りの事はご了承くださいm(__)m
PR
≪  13  12  11  10  9  8  7  6  5  4  3  ≫
HOME
Comment
言っとくが…
力のステ振りに誇りなんてないぜw
当時は最大MPが少なかったから、魔法の乱発は避けないとずーっと休んでいる事になってしまうので殴って対処してただけだw
白龍  2006/08/04(Fri)19:07:41 編集
言っとくが…
力に全くポイントを振ってない、おかしなクレリックも存在してますがねw
アコライト時代はいいと思うけど、クレリックになったら2系統の攻撃手段で戦うのは無理がありますね。
どちらか1方に特化・・・と言うか、直接攻撃、要するに『殴れる』では無く『殴り専門』でないと使い物にならないですね。
アコライト時代に中途半端なステータスを残すより、リセットして正しく振りなおすほうがいいと思います。
本格的に殴るならね。
晶桜 2006/08/05(Sat)09:06:25 編集
へんしん♪
>りゅーちゃん
大丈夫、ちゃんと0.5割はフィクションって書いたからw

>晶桜さん
まさか晶桜さんが来てくださっていたとは…(^^;
アドバイスありがとうです大先輩(`・ω・)ゞ
一応今の私の最大の特徴が選択できる手札の多さなので、とりあえず一度このままクレを目指します。
それでやっぱりダメっぽかったら振りなおしも考えますね。


どうせフル課金になることは変わらないし(ボソ
向日 葵 2006/08/05(Sat)10:43:32 編集
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  13  12  11  10  9  8  7  6  5  4  3  ≫
HOME
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
最新コメント
(12/26)
(12/16)
(12/14)
(12/11)
(12/01)
プロフィール
HN:
向日 葵(むかい あおい)    ルゥァ・アルトゥーア
性別:
非公開
職業:
会社員(技術者)
趣味:
エミルクロニクルオンライン、 ゼネピックオンライン、イラスト、TRPG
自己紹介:
呆れるほどに前向きで、『なんとかなるさ』が合言葉で、やる気だけは順調に空回り中な社会人。
人生為せば成るだろうけど、成るようにしか成らないと思うのは私だけ(・ω・`)?
ブログ内検索
最新トラックバック
バーコード
忍者ブログ [PR]